道具があれば簡単?自分に合った自己処理の選び方

自己処理の方法は3種類

むだ毛を自己処理する場合、道具さえあれば自分の好きなタイミングで行うことができます。自己処理の方法は大きく「抜く」「剃る」「溶かす」の3種類に分かれます。毛抜き・脱毛テープの場合、毛を毛根ごと抜きます。毛根ごと抜くので、正しく処置を行えば仕上がりはきれいなものになります。カミソリや電気シェーバーで剃る場合、毛そのものは残っている状態になります。遠くから見ると目立ちませんが、近づくと毛が残っているのが分かってしまいます。ただし正しいやり方で行えば、最も肌への負荷は少ない方法です。また脱毛クリームのように、毛を毛根から溶かすものもあります。このように自己処理は使う道具によって効果が異なるので、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

範囲から自己処理の方法を選ぶ

自己処理には様々な方法があります。自分に合った方法を選ぶためには、範囲から考えることも大切です。脱毛テープ・カミソリ・電気シェーバー・脱毛クリームの場合、広範囲にわたって処理することができます。一方毛抜きの場合は、1本1本処置することになります。すべてのむだ毛を毛抜きだけで処置しようとすると、時間がかかってしまいます。あらかじめ他の方法で広範囲にわたって脱毛した後、仕上げに毛抜きで余分な毛を抜くのが有効となります。また眉毛など狭い範囲に対して行いたい場合も、毛抜きが有効です。

自己処理は行った後が大切

仕上がりをすべすべの肌にするためには、自己処理後の処置が大切です。脱毛する際、皮膚には少なからず負担がかかっています。脱毛後は保湿剤を塗るなど、肌のケアをしっかりと行いましょう。肌に水分を与えることで、炎症を防ぐことができます。自己処理後は忘れずに肌のケアを行いましょう。

新宿の脱毛サロンは、ほかの地域と比べてその土地の特性上メンズによる需要も多く、トランスジェンダーの方にもおすすめです。