ほくろの除去方法は?料金やメリット、デメリットについても解説

ほくろって一体どんなもの?

ほくろとは、メラノサイトと呼ばれる、メラニン色素を含む細胞が、皮膚に集まってできた母斑のことです。悪性と良性があり、ほとんどのほくろが良性である場合が多いです。

大きさやほくろができる部位も人それぞれで、中にはほくろがコンプレックスだという人もいます。

ほくろは除去できる?値段や方法は?

ほくろは、除去することができます。中には自分で行う方法などもありますが、素人がほくろの除去をするのはおすすめできません。

そこで、皮膚科など、専門の知識を持った医師に除去してもらうことがおすすめです。方法も様々で、レーザーを使う方法やメスで切り抜く方法などがありますので、医師の助言の元、除去方法を決めていくことが大事です。

値段相場は、ほくろの大きさや病院などによっても様々ですが、大体2ミリから3ミリの大きさのほくろで1万円前後が相場となっている場合が多いです。それよりも大きいほくろになると、追加料金が発生する場合もあります。

病院の選び方としては、まずは自分が通える範囲内にある病院を選ぶことが大事です。何度か通院する可能性もあるため、できるだけ家から近い病院を選ぶ必要があります。更には、値段や病院の評判なども確認してから決めることが大事になってきます。

除去した後は日焼け止めを塗るなどのケアが必要です。

ほくろ除去のメリット、デメリット

ほくろを除去することで、コンプレックスが解消されるというメリットがあります。反対にお金がかかる、リスクを伴うというデメリットもありますので、しっかりと専門家のアドバイスを受けながら行うことが大事になってきます。

毛穴 皮膚科の診療を行っている医療機関は、健康保険適用外の美容皮膚科ですが、毛穴の開きが原因のニキビ治療の場合は、症状によっては保険適用が可能な事もあります。