痛みは強くないの?人気のVIO脱毛をチェック

VIO脱毛を行うメリットを知ろう

海外ではデリケートゾーンの脱毛は一般的ですが、少し前までは日本ではVラインのみをきれいに整える施術が良く選ばれていました。

海外の映画スターやモデルらはVラインだけではなく、OラインやIラインまでしっかりと処理し、無毛にするVIO脱毛を選ぶ人も多いですが、

ですが、こうした部位を処理するメリットを知っておきましょう。

まず、ムダ毛に尿や経血がつかなくなるので清潔を保ちやすくなりますし、毛のはみだしを気にする必要がなくなるので水着や下着も自由に選べるようになります。

施術方法は海外ではワックスが使われることが多く、日本でも専用のサロンが増えています。抜き取るときには一瞬痛みがありますが、施術を繰り返すことで毛が薄く柔らかくなるので、あまり痛みを感じなくなるとされています。

レーザー脱毛と光脱毛による処理

日本ではレーザー脱毛や光脱毛で処理することが多くなっています。ワックスのようにすぐに毛がなくなるのではありませんが、繰り返し処理するうちにだんだん薄くなりますので、自己処理の手間もなくなります。

痛みも気になるところですが、冷却やレベルの調整でかなり抑えることもできますし、医療機関では麻酔クリームによる対応も行われています。

施術前はシェービングを行う必要がありますので、顔用の電気シェーバーなどで丁寧に処理しておきましょう。照射の際はタオルで覆ったり、紙ショーツも用意されますので、恥ずかしさを感じずに施術を受けることもできます。

毛を残す範囲も自由に選ぶことができますので、全体に薄くすることもできますし、Vラインのみ少し残すことも可能です。

Vラインのデザインも豊富に用意されていますので、希望はきちんと伝えておきましょう。

股間周辺の無駄毛を対象にしたVIOライン脱毛は肌トラブルを避けることが大切です。柔らかい肌は脱毛による刺激で出血や色素沈着などのトラブルが生じやすいので、刺激が少ない方法で処置を施す必要があります。